1. TOP
  2. 山形屋(企業情報)
  3. CSR
  4. 環境活動・社会貢献活動内容

CSR

環境活動・社会貢献活動内容

株式会社山形屋は南九州の豊かな自然環境を次世代に残すため、全従業員一丸となって持続可能な社会の発展に向けて、継続的に環境保全活動に取組んでいます。

アイちゃん

山形屋企業グループの環境キャラクターです。環境のイメージとして、樹木のグリーンをテーマカラーとして使用。葉っぱと、そして「環境を守ろう」という心 (ハート) をモチーフにしています。これからも、よろしくお願いします。

山形屋企業グループ環境方針

<宣言>

山形屋企業グループは、社会に貢献する企業グループとして、循環型社会形成及び地球温暖化防止に積極的に取り組んでまいります。

宣言1 私たちは、グループの環境マネジメントシステムにおいて環境目的・目標を定め、活動を実施し、見直し、更に継続的に改善していく体制を作り、活動の向上に努めます。
宣言2 私たちは、企業活動において、廃棄物の削減及びリサイクルの促進を図り、ならびに省エネルギー・省資源の推進など、環境汚染の予防に努めます。
宣言3 私たちは、事業活動を通じてお客様に対し、環境に配慮した安心・快適な暮らしを提案します。
宣言4 私たちは環境に配慮する企業グループとして、積極的に社会活動に参加し、環境保全活動を推進していきます。
宣言5 私たちは、従業員一人一人が、環境方針にのっとり、その責任を果たしていけるよう、従業員の教育活動を通し周知を行ない、環境保全に対する意識の向上に努めます。
宣言6 私たちは、環境に関する法律、地方条例などの法規制およびグループが同意するその他の要求事項を遵守し、企業活動の管理に努めます。

この環境方針は一般の人々が入手できるよう、グループのホームページおよび紙面を通じて公開します。

2008年5月
山形屋企業グループ 環境委員会

環境データ

2022年活動結果報告 (山形屋企業グループ)

1) エネルギー・資源・廃棄物の削減結果(2021年度と2022年度との比較)
※2021年:4月コロナウィルス感染拡大よる時短継続

 

2021年実績

2022実績

削減率

削減量

電気の使用量

40,114千kwh

40,291千kwh

0.4%増加

177千kwh増

水の使用量

235,781トン

224,708トン

4.7%削減

11,073トン削減

包装紙

30.49トン

29.47トン

3.3%削減

1.02トン削減

手提げ袋

172.9トン

184.3トン

6.6%増加

11.4トン増加

廃棄物

1,405トン

1,4067トン

0.07%増加

1トン増加

*電気使用量:一般的な家庭49世帯の一年分相当増加(※4人家族1年間3,600kw)
*水使用量の削減:25m×20m×水深1.5mのプール(1回貯めるのに水750トン使用する場合)
 およそ15回水を変えるのと同じくらいの容量が節約できました。
 ※各トイレの自動流水装置の設置などによる効果もあるが、入店客数の減少などの要因も大きい
*紙の使用量(包装紙・手提げ袋):レジ袋有料化によりお客様へはマイバッグをすすめる一方、
 紙手提げ袋は無料配布のため、その分手提げ袋の利用が増加しています。
*廃棄物:1トン増加。
 リサイクルや再利用を推進する中で、雑紙などさらに分別を徹底していきます。


2) 事業活動への展開
衣料品の引き取りキャンペーンは浸透しています。
コロナウィルス感染拡大の影響も多少緩和され、店頭での物産催事も縮小しながら開催できました。

またオンラインでの受注も拡大し伸張しました。
さらに「COOL CHOICE」のためにクールビズやウォームスタイルの提案を行ってまいります。

山形屋の環境の取り組み

環境コミュニケーション

かごしま環境未来館との共同事業として毎年実施している共育講座「山形屋 エコ拝見」を
7月25日(木)に実施し、小学生と保護者を含めて20名参加されました。
山形屋の環境の取り組みのほか、北海道物産展や山形屋名物の金生饅頭・焼きそばについての講座や
タンスに眠っている不要な洋服などを裂いて作る、裂き織体験を行いました。
試食などもあり、参加されたお子様だけでなく保護者の皆様も一緒に夢中になっておられました。

省資源の取り組み

■環境対応包装 (エコ包装) の推進

■10月「3R推進」月間

マイバッグキャンペーンへの参加

「ごみを減らす=リデュース」、「使えるものはくり返し使う=リユース」、「ごみを資源として再び利用する=リサイクル」に取り組んでおり、店内放送やポスターなどでご協力を呼びかけます。

■レジ袋有料化

山形屋では、環境保全の取り組みの一環といたしまして、令和2年7月1日(水)から
プラスチック製レジ袋の有料化をスタートいたしました。

レジ袋(1枚) 価格
  • レジ袋/特大
    (各)税込6円
  • レジ袋/大・中・小・弁当用・一升瓶用
    (各)税込4円
対象店舗

山形屋(鹿児島)・川内山形屋・きりしま国分山形屋・宮崎山形屋・日南山形屋・
サテライトショップ(谷山・姶良)・ギフトショップ各店・
エアポート山形屋・山形屋ストア(各店)
 

プラスチック製レジ袋の使用を削減し、マイバッグなどのご利用を推奨させていただきます。
お客様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

■紙手提げ袋有料化

山形屋では、環境保全の取り組みの一環といたしまして、令和6年3月1日(金)から
紙手提げ袋の有料化をさせていただきます。

紙手提げ袋(1枚) 価格
  • 紙手提袋(一般・弔事) /大・中・小・中長
    (各)税込11円
  • クラフト袋/大・中
    (各)税込33円
対象店舗

山形屋(鹿児島)・川内山形屋・きりしま国分山形屋・宮崎山形屋・日南山形屋・
サテライトショップ(谷山・姶良)・ギフトショップ各店・
エアポート山形屋・山形屋ストア(各店)

お客様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

省エネルギーの取り組み

1.屋上緑化

平成16年に完成した2号館屋上の緑化です。

直下階の温度がさがり、ご家庭のエアコン7~8台分の省エネ効果があります。

2.全館の空調緩和の取組み

3.店内照明をLED電球への一部交換を順次進めています。

4.OKかごしまライトダウン2021・夏 参加

夏至である6月21日(月)全国で「100万人のキャンドルナイト」が開催されました。
これは「でんきを消して、スローな夜を」を合言葉に、夜8時から10時までの2時間電気を消して、ゆっくり考える時間を持つことを提唱する取り組みです。
鹿児島市でも、ゼロカーボンシティかごしまパートナー等の建物や公共施設がライトダウンを行いました。

廃棄物削減とリサイクルの推進

廃棄物の分別を徹底し、リサイクルを推進しています。

環境にやさしい商品やライフスタイルの提案の推進

山形屋では自社の「環境配慮基準」を設け、「環境に配慮した」商品の取り扱いや開発及び販売品目の拡大を積極的に取り組みます。また、ライフスタイルの提案を通じて自然環境保護への貢献に取り組んでいます。また、お取組み先との協働による衣料品の引き取りキャンペーンなども定期的に行っています。

クールチョイスの推進

2019年は、地球温暖化対策のための鹿児島市クールチョイス推進事業の一環として
8月に「食べるクールチョイス」として
トマトやきゅうりなどの夏野菜や涼メニュー・水ようかんやミントチョコなどを、
12月には「食べるウォームビズ」として
からだを温めるしょうがやごぼうを使ったメニュー紹介など行いました。

また、小さなお子様へ絵本の読み聞かせや、体を動かすワークショップを通じて
環境にやさしい暮らしを考える機会として
11月16日(土)と12月17日(火)に絵本の読み聞かせ会を実施し、ご好評いただきました。

環境コミュニケーション

鹿児島市にある「かごしま環境未来館」との協働事業の一環で 地域まるごと共育「山形屋エコ拝見」を行っています。
館内の環境活動について知っていただく機会として定着しています。
屋上緑化やエネルギーセンターの見学のほか、夏休みの課題にも役立つ工作など実施、今年は天文館はちみつを使った「ナチュラルリップクリームづくり」を行いました。

1.かごしま環境未来館共育講座「山形屋 エコ拝見」実施

2.環境ウィーク

6月5日は世界環境デー

山形屋では6月5日を含む一週間を「環境ウィーク」と位置付け、鹿児島県の環境への取組紹介のパネル展などを実施、また、館内では環境配慮商品の提案、環境への取り組みを行っているNPOや団体との協働でのイベントなどを行っています。

3.天文館みつばちプロジェクトへの参加

2023年度販売商品 ご紹介