TOP > 店舗情報  >  ドルフィンポート 薩摩ギャラリー  > 催事一覧

薩摩焼コーナー「風木野陶」「わらべ工房」

開催中! 9月30日(土) まで ※最終日午後3時終了

場所 ドルフィンポート1階 薩摩工芸館 薩摩焼コーナー

◆風木野陶

昭和63年、日吉町に築窯
自由な発想で日々の生活を楽しむ形を造り、野の花をモチーフに絵付けをしています。「薩摩焼フェスタ」「西日本陶磁器フェスタ」「全国陶磁器フェア」出品

 

風木野陶


◆わらべ工房
阿久根と長島の工房にて家族4人で山葡萄のモチーフと青緑の美しい釉薬のオリジナリティー溢れる薩摩焼きを一つ一つ心を込めて作陶しています。今年4月にわらべ工房の姉妹ブランド【mi∞mi】をオープンしました。

黒蕨友喜 ⇒ ロクロ、黒蕨朝美 ⇒ 手びねり、栗野美喜 ⇒ 陶器雑貨、溝上美和 ⇒ 色つけ 陶器雑貨

 

わらべ工房1 

わらべ工房とんぶり  

トンぶりちゃん

鹿児島の特産品の黒豚と白豚をイメージしたどんぶりの器をメインにこれまでになかったポップでかわいいをイメージした陶器雑貨・アクセサリー・オリジナル靴・布小物なども作っています。

薩摩焼コーナー「螢松窯」「眞窯」

開催中! 10月31日(火) まで ※最終日午後3時終了

場所 ドルフィンポート1階 薩摩工芸館 薩摩焼コーナー

◆螢松窯

【作家プロフィール】

1971年 姶良市生まれ
1995年 鹿児島市 窯業室に入所
1998年 (有)都城焼窯元に入社
2001年 螢松窯を開窯

シンプルな形を心掛けた粉引と木肌のような質感の「森の器」シリーズを作っています。最近は原料にこだわり木灰や身近で採れる含鉄土石を精製して作品に取り入れています。

 

螢松窯


◆眞窯

【作家プロフィール】

1997年に鹿児島市魚見町に眞窯を設立

 

使いやすく洗いやすい器をコンセプトに作陶しています。

器が使われてわれているとき、使い手をも美しくさせる器でありたいと思います。

 

眞窯

八彩窯 「彩りの器たち」

開催日 9月20日(水)~26日(火) ※最終日午後4時終了

場所 ドルフィンポート1階 薩摩ギャラリー

薩摩焼伝統的技法の蛇蝎釉薬を掛け、また生命感溢れる草花などを描いた器で楽しいひとときをお過ごしください。

 

八彩窯 「彩りの器たち」

陶工房そぼんち 「秋の器展」

開催日 9月27日(水)~10月3日(火)※最終日午後4時終了

場所 ドルフィンポート1階 薩摩ギャラリー

まだまだ暑い日が続きますが、もうすぐ秋!食欲の秋に備えに、器から揃えてみてはいかがでしょうか?

 

陶工房そぼんち 「秋の器展」

つか本窯・木楽工房「土と木のぬくもり二人展」

開催日 10月4日(水)~10日(火) ※最終日午後4時終了

場所 ドルフィンポート1階 薩摩ギャラリー

実用的で「ちょっとオシャレでぬくもり」のある陶器と木工製品の制作に励んでいます。

つか本窯と木楽工房

写真左から2枚「木楽工房」、右「つか本窯」

村岡良寛・ありゃりゃ・展 vol.Ⅳ

開催日 10月11日(水)~17日(火) ※最終日午後4時終了

場所 ドルフィンポート1階 薩摩ギャラリー

~平面・立体・墨遊び~

平面と立体を行ったり来たりの日々です。土の仕事、絵を描く事・・・そんな時間にふっと喜びを感じるのです。

ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

 

村岡

「三反園エリ子&荒木美由貴の秋を彩る二人展」

開催日 10月18日(水)~24日(火) ※最終日午後4時終了

場所 ドルフィンポート1階 薩摩ギャラリー

種子島の草木染めとシンプルで色彩豊かな「さをり織り」二人展。

衣類、バッグ、小物など明るい秋を用意しました。

美ほう庵とアトリエちゅうりっぷ

写真左から「三反園エリ子 / アトリエちゅうりっぷ」、「荒木美由紀」。

天照窯岩田鉄山「布目と銀彩 新作陶展」 永年取り組んできた布目技法と

開催日 10月18日(水)~24日(火) ※最終日午後4時終了

場所 ドルフィンポート1階 薩摩ギャラリー

最近はじめております銀彩の新作を展示、販売いたします。

アマテラス