TOP > 企業情報 > 沿革

沿革

「山形屋」の由来
山形屋の始祖・初代源衛門は江戸中期元文3年 (1738年) に出羽国山形に生まれる。宝暦元年 (1751年) 当時山形の経済を支えていた紅花仲買と呉服太物行商を興し、大阪・京都へ立ち回り、八面六臂の大活躍をしていた。
源衛門が薩摩入りを決断したのは、薩摩藩主・島津重豪の商人誘致政策を機として薩摩入りをし、木屋町通り (のちの金生町) に店を構えた。
創業
1751年
(宝暦元年)
源衛門、紅花仲買と呉服太物行商を興し大阪・京都へ立ち回る。 明治期:山形屋

 

1772年
(安永元年)

薩摩藩の商人招致を知り、鹿児島城下木屋町 (のちの金生町) に

呉服太物店を構え、山形屋と称する。

1888年

(明治21年)

このころ、山形屋 岩元信兵衛本店、同大阪支店と呼ぶようになる。

大正~第2次世界大戦
1916年
(大正5年)

ルネッサンス式鉄骨鉄筋コンクリート (地下1階~地上4階) の

新店舗落成。

大正期:山形屋
1917年
(大正6年)

個人経営から資本金100万円の「株式会社山形屋呉服店」を設立。

後 (1937年) に 「株式会社山形屋」 と改称する。

1925年
(大正14年)
友の会「七草会」を創始する。

1926年
(大正15年)

優良児審査会 (現:南日本赤ちゃん健康相談会) を創始する。
1932年
(昭和7年)
新館 (地下1階~地上7階、売場面積延べ10,403㎡) 落成。
1945年
(昭和20年)
本社、空襲により被災。
第2次世界大戦後~昭和後期

1953年

(昭和28年)

5~7階を貫く山形屋劇場の修復及び別館1,896㎡の増築完成。
これで戦災復興完了する。
昭和期:山形屋
1954年
(昭和29年)
東京、大阪、京都、名古屋各地の主力取引先110数社で、
「山形屋会」連合会を結成。

1957年

(昭和32年)

1階~4階 エスカレーター運転開始。

1963年

(昭和38年)

新旧両本館4,951㎡の増築と内部、外装とも一新、新装工事完成。
売場面積16,229㎡となる。(右写真)

1972年

(昭和47年)

全館増築完成・新装オープン。(売場面積22,816㎡となる)
1974年
(昭和49年)
山形屋商品試験室、開設。  

1983年

(昭和58年)

1号館電車通り側、シースルーエレベーター完成。

1984年
(昭和59年)

山形屋2号館完成オープン。当日の入店者15万人を記録。
C.I.S導入による新ロゴタイプ「若葉マーク」を使用する。

後(1988年)に世界的デザインコンクール「アメリカン・コーポレート・アイデンティティー3」でCISのマークとロゴタイプが優秀賞を受ける

※C.I.S(コーポレート.アイデンティティー.システム)の略。

1986年

(昭和61年)

山形屋オリジナルブランド 「ナガサワワイン」 を日本国内総販売元として販売開始。  

1988年

(昭和63年)

山形屋厚生基金郡山福祉センターが、日置郡郡山町に新装落成。  
平成~
1990年
(平成2年)
山形屋サテライトショップ谷山オープン。 現在の山形屋

1992年

(平成4年)

山形屋システム開発部を独立させ、新会社 「株式会社山形屋情報システム」 が発足。
1995年
(平成7年)
山形屋サテライトショップ姶良オープン。
1998年
(平成10年)
山形屋1号館外壁工事竣工。ルネッサンス調のデザインに一新 (右写真)。
2005年
(平成17年)
鹿児島本港区のドルフィンポートに薩摩酒蔵、故郷市場、ミディソレイユ、ポルトカーサなど出店。